スポンサーリンク

嫁の緊急入院!!!⑦ お見舞い(手術2日後)

 

病院のベッド2/8(月)

昨日は嫁にブチ切れされたけど、
それにも懲りずにこの日もお見舞い(照)

仕事が終わって夕方18時頃。
昨日は手術翌日で体にいくつかのチューブと点滴が
つながっている痛々しい感じの状態だった嫁!!!

今日もベットから動けずに退屈しているのかなぁぁ
なんて心配しながら病室をのぞいてみると・・・

いない(汗)

で、足音が近づいてくるので振り返ると

普通に歩いてるしっっ!!!

さすがに点滴はしているけど
チューブは全て外れたらしい。
あまりの普通に歩いているので
拍子抜けした。

久々に嫁と二人でゆっくりと話をした気がする。
(カーテンで仕切られた4人部屋ですが。。。)
普段は子供がいると、どーしても慌ただしくなってしまって
ゆっくりと話をすることが無いので。
会話は大事だなとしみじみ感じてしまった。

で、話しの内容は手術のことになり
僕「今回の手術は結局のところ何なの?」と聞いてみると、
嫁「卵巣腫瘍摘出手術ってことらしいよ。」とのこと。

子宮外妊娠の疑い(卵管での妊娠)からの
腹腔鏡下手術で確認したところ、
子宮外妊娠(卵管での妊娠)ではなく
卵巣に腫瘍があることが発覚。
その卵巣の中身を摘出。
さらに、なんと嫁が妊娠していることも発覚。
ちゃんと子宮の中に赤ちゃんの袋が確認できたらしい。

これが今回の嫁の腹痛から始まったバタバタの原因である。
この卵巣の中の腫瘍が実は厄介な相手だった。

取り出した腫瘍は検査に出すので、2月22日(月)に外来で
診察に来て結果を聞くという流れになっている。
この腫瘍が良性なら順調に育ってくれれば赤ちゃんを
生むことができる。もしも悪性なら妊娠の継続は難しい。

あとは祈るしか無い!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。